年間読書60冊にむけて2015その弐

年間読書60冊にむけて2015その弐

読書目標が定まらずになんとなくスタートした2015年ですが、
おぼろげに見えて見えてきたのは幕末長州派閥と童門冬二

2015年4冊目は初代総理大臣の幕末を描いた一冊
小説 伊藤博文―幕末青春児〈下〉 (人物文庫)小説 伊藤博文―幕末青春児〈下〉 (人物文庫)
(1996/05)
童門 冬二

商品詳細を見る


5冊目は感想文テーマの潜在意識の本
世界一わかりやすい潜在意識の授業世界一わかりやすい潜在意識の授業
(2010/10/29)
山田浩典

商品詳細を見る


6冊目は伊藤博文の下巻、上下巻ともサブタイトルに「幕末青春児」
とあるように志士たちの青春を描いた小説でした。
小説 伊藤博文―幕末青春児〈下〉 (人物文庫)小説 伊藤博文―幕末青春児〈下〉 (人物文庫)
(1996/05)
童門 冬二

商品詳細を見る



7冊目は司馬遼太郎が描く幕末長州「世に凄む日々①」
世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)
(2003/03/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


8冊目も司馬遼太郎が描く幕末長州「世に凄む日々②」
世に棲む日日〈2〉 (文春文庫)世に棲む日日〈2〉 (文春文庫)
(2003/03/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

司馬遼太郎の高杉晋作愛が伝わってくる一冊です。


     丸三社長
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
プロフィール

チーム丸三

Author:チーム丸三
FC2ブログへようこそ!

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード