ホワイトデー

今年のホワイトデーはキャラメルナッツに挑戦!!
IMG_6065.jpgIMG_6092_2016031416142478e.jpg
グラニュー糖に少量の水を入れたら火にかけ溶かします
IMG_6096.jpgIMG_6099.jpg
全体が溶けて少し色付き始めたら生クリームとバターを投入
IMG_6075.jpg
そこから煮詰めてキャラメル色になったらキャラメルソースの出来上がり
キャラメルが固まる前にローストしたナッツやお麩を絡ませれば完成です
IMG_6086.jpgIMG_6082.jpg
全体を絡めたたり半分だけコーティングしたりなどキャラメルコーティングを試してみました
IMG_6100.jpg
少量作る分には簡単な手作りおやつです


             丸三社長

スポンサーサイト

バレンタイン

チーム丸三のみなさまからチョコレートをいただきました
「ありがとうございます」
IMG_4922.jpg
マルコメンバーからはバレンタイン商戦で忙しい中
手作りの「ハートの朝生」「チョコレート饅頭」です!!
IMG_4923.jpg
美味しくいただきました、ありがとうございます


               丸三社長

2015収穫祭料理レポート

収穫祭から早くも一週間。
今回は収穫祭で皆さんに食べていただいたお料理の数々をレポートします。
お芋の収穫から帰ってきた皆さんをおもてなしする料理は、丸三収穫祭に欠かせません。
今年の料理もこの日のために結成された大西補佐率いる料理班メンバーで力を合わせて作りました!
それでは、2015年収穫祭料理メニューを簡単にご紹介します(^O^)

まずは昨年も大人気だったスペアリブ。味がしっかりしみ込んでいます。
2015収穫祭料理①

続いて、定番メニューの芋汁。ほくほくからだがあたたまります。
2015収穫祭料理②

おかずのお共に欠かせない、白ごはんとサラダ
サラダには丸三の畑のさつまいもをつかいました。
(写真はハイスピードで人参を刻む森本主任です)
2015収穫祭料理③

今年のイチオシです。
大人気の揚げ物メニューが登場!
2015収穫祭料理④
唐揚げと芋天!
2015収穫祭料理⑤
先輩たちがてきぱきと揚げていきますが、さすがの人気。
揚げた途端あっという間になくなってしまいます。

そして最後を飾るのは大西補佐発案のピザ!
2015収穫祭料理⑥
パンとほぼ同じ要領で作るらしい、このピザ生地。もちもちと柔らかいです。
トマトソースのきのこピザと
2015収穫祭料理⑦
丸三でとれたさつまいもを使ったスイーツピザの二種類をご用意!
(ちなみに材料のほとんどは丸三で扱っている商品を使用しているそうです)
2015収穫祭料理⑧
きのこピザは早々に完売!食べれず悔しい思いをした人も何人かいたようです。

料理に不慣れな私も、無事に寸胴鍋いっぱいの芋汁を作ることができました
お味のほどはいかがでしたか?
皆さんの美味しそうに食べる姿を見て、私たちも幸せです!

メニューの中には、畑のさつまいもをつかった料理も何品か。
是非お家で作ってみて下さいね

たくさんのご参加ありがとうございました(^-^)/

TIMES委員会 中平

ホワイトデー

今年のホワイトデーは桜マドレーヌとラスクに挑戦!!
007_201503141357026bc.jpg
ラスクは甜菜糖の粗糖を使用しました。

桜マドレーヌは桜の花の塩漬けを使用
002_2015031413570436b.jpg
桜マドレーヌは桜の花の塩漬けを塩抜き
キルシュで香りづけをしたシロップの中でで一晩寝かせます。

桜の香りを生かすため油脂は少なめに・・・・・

これが間違いだったかもしれません・・・

卵を立ててふっくら仕上げてつもりが・・・

焼き上げてみるとカチカチの何かに・・・

油脂の機能性だけ活かしたいならソシエルがあるじゃなか!!


     丸三社長

ナン・蒸しパン試作

本日20日、主に大西補佐と小林主任が
収穫祭に向けてナンと蒸しパンの試作をして下さりました!

小林主任・補佐

今回はじめての試みということもあり、
どんな仕上がりになるのか、味はどうなのかと
楽しみに待つこと数十分・・・


完成したものがこちらになります!

蒸しパン(完成)
↑蒸しパン(芋入り)


蒸しパン(完成2)
↑黒糖蒸しパン(大納言入り)


ナン(完成)
↑ナン


個人的には黒糖蒸しパンはいい香で、
もっちりとした食感が美味しかったです

ナンの方は、川澤課長が持ってきて下さった
カレーとよく合ってました!(by大西補佐)


しかしここまで作るのにはとても苦戦したそうで、
また24日(水)14:00~再び試作をするそうです!!
お時間がある方は是非!
経営会議で食べれるかもしれませんよ


本社総務 大西


ホワイトデー

今年のホワイトデーはフォンダンショコラに挑戦しました!!
IMG_5423.jpg
フランス語でfondant chocolat(溶けるチョコレート)
ショコラビスキュイのセンターにとろける生チョコを仕込みます。

ショコラビスキュイは最初に卵白を立てしっかりとしたメレンゲを作ります。
IMG_5398.jpgIMG_5403.jpg
メレンゲが出来たら卵黄を合わして薄力粉・アーモンドプードルを混ぜ合わします。
最後にバターとチョコレートを混ぜ合わします。
IMG_5406.jpg
これでショコラビスキュイ完成です!!
出来上がったショコラビスキュイを型の半分まで流し込み
作っておいたとろける生チョコをセンター仕込みます。
IMG_5409.jpgIMG_5416.jpg
焼き上げは200度のオーブンへ10分~
チョコレートの香がいっぱいになると焼きあがりです。
IMG_5417.jpg
型と生地量が合わずキノコ風になりましたがお愛嬌ということでご容赦を。

レンジで少し温めて頂くとチョコレートがとろけて美味しいです。

   丸三社長

収穫祭(鰹のタタキ)

2013収穫祭おもてなし料理の目玉はカワザワ課長の
「鰹のワラ焼きタタキ」です!!
IMG_2334.jpg
今年は鰹のタタキをやろうとの和委員会のアイデアから
白羽の矢が立ったのは当然漁師を自称するワカザワ課長!!
しかし本人は「鰹は捌いたことがないで~」
収穫祭に向けてゼロからお勉強して収穫祭を迎えました。
IMG_2338_201310081046385f3.jpgIMG_2340.jpg
大きな鰹もカワザワ課長の手にかかれば瞬く間に
鰭が取れ、頭が取れ、背骨と身が離れ、見事に光るサクに変化します。
そうして捌いた鰹はいよいよ「ワラ焼き」です。
IMG_2395.jpg
ワラの強い火でしっかり表面をあぶり旨みを閉じ込め
焼きあがったらすぐに氷水の中に入れ身を引き締めます。
IMG_2399.jpgIMG_2404.jpg
最後の仕上げは自慢の刺身包丁で厚めに切りお皿に盛れば完成です。
IMG_2411.jpg
今年の目玉料理、漁師が釣ってインドネシア人が焼いた。
「鰹のワラ焼きタタキ」はいかがだったでしょうか?

     丸三社長

花子のお乳でバター作り

花子の牛乳でバター作りにチャレンジ!!
IMG_1203.jpg
花子の牛乳からバターやチーズが作れないものかと・・
インターネットで「牛乳からバター作り方」などと検索すると
ペットボトルに入れて振るだけとのことYoutubeでは54秒で
バターを作る動画を発見!!俄然やる気がでてきます。
目指せ世界記録53秒!!
IMG_1277.jpgIMG_1279.jpg
汗だくになりながら花子の牛乳を振ること・・・
約5分乳脂が分離して上に集まり始めます。
上がバターで下が乳清ホエイ、勉強です。
バターを漉して水分を軽く絞ってあげると
IMG_1281.jpgIMG_1288.jpg
花子のバターの完成です!!
IMG_1297.jpg
フレッシュな自家製バターで食べるモーニングは格別です。
トーストに料理にと普通に使えるバターが出来あがりました。


        丸三社長

ラ・モリサーナ

先週マルコではモンテ物産さんの講習会が行われたとのこと
マルコのブログに影響を受けてなにかチャレンジをと考えていると
ミートソースの作り置きを発見!!
ラ・モリサーナのラザニエを使ってラザニアに挑戦です。
IMG_7558.jpg
材料はラ・モリサーナのラザニエ チーズ ミートソースこれだけです!!
IMG_7564.jpg
5分ぐらい茹でたラザニエとミートソースを層にして敷き詰めていきます。
七層の安土城には少し届かない六層のラザニアの上にチーズを敷き詰めたらオーブンイへ

200度で約20分ほど焼き上げると完成!!
IMG_7573.jpg
ミートソースの甘さとチーズのコクをパスタが引き立たせます。
ラ・モリサーナのパスタシリーズを徐々に試していきます。

   丸三社長

フォカッチャ試作

マルコパン教室用の新しいフォカッチャに挑戦を!と試作です。
以前は全粒粉を使ったフォカッチャでしたがどうしても固い・・・・
しっとりフォカッチャにしたい
とのことでマッシュポテトを練りこんだフォカッチャにチャレンジです。
foka 023
材料はいたってシンプル 強力粉・塩・砂糖・イースト
オリーブオイル・水・そしてマッシュポテトです。
foka 025foka 027
マッシュポテトはある程度生地を作ってから入れミキシングします。
副材料にはグリエールチーズと大葉を使用。
大葉のやさしい香りに包まれたフォカッチャが出来あがるはずです。
foka 029foka 047
発酵が終わった生地を2~3センチの厚みで鉄板にしきホイロへ
一時間ほどでしっかりと厚みのある生地へと発酵が進みます。

これから先は・・・・・

9日火曜日のマルコ教室にてこうご期待

    丸三社長
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
プロフィール

チーム丸三

Author:チーム丸三
FC2ブログへようこそ!

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード