3月感想文「一番槍」

3月感想文 「一番槍」は!?
オオニシさんです!!

IMG_3001_20180307100547566.jpg
3/1という最速での書上げ&提出となりました
そして二番槍は3/3ひな祭りに書き上げたアオキさん
IMG_3004.jpg
チャレンジ精神と学ぶ意味を再認識させられる感想文でした
一番槍、二番槍天晴れです


    丸三社長
スポンサーサイト

年間読書60冊にむけて2018その弐

年間読書60冊にむけて2018その弐

一月に今年も読書テーマである現代史と石田梅岩&梅田雲浜
が決まり、二月の読書はそのテーマ通りに進む読書となりました

2018年4冊目は池上彰の「社会人のための現代史」
5冊目は先駆け! 梅田雲浜
5120WSDDK9.jpg51p-GCIuQNL.jpg
現代史は問題なく進めて行けそうなのですが梅田雲浜でいきなり問題が
それは余り書籍化されていない人物であったという事・・・
今回の先駆け! 梅田雲浜も正直イマイチ・・・・
梅田雲浜が主役でなくてもOKと門戸を広げます

6冊目は渡部 昇一 年表で読む明解!日本近現代史
7冊目は社長にも読ませたい 日本一やさしく経営がわかる会計の本
51H5N6CK19L.jpg51Ym1bTsfiL.jpg


2月読書が終わり7/10と借金は続きます
さらに今読んでいるのが半藤 一利「山本五十六」464ページ
3月はこれをどこまで引っ張ってしまうのか・・・




          丸三社長

年間読書60冊にむけて2018その壱

年間読書60冊にむけて2018その壱

2018年読書は大東亜会議の真実からスタート
「大東亜会議?」
初めて聞く言葉という人が多いとは思いますが
日本人戦争当時にアジア独立を掲げていた証そのものです
歴史を学ぶという事は失敗を学ぶことでもあります
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
というオットー・フォン・ビスマルクの名言に学び
2018年は現代史~近代を中心に歴史から学びたいと思います

2018年1冊目は大東亜会議の真実 アジアの解放と独立を目指して
3冊目は知らないと恥をかく世界の大問題7
3冊目旧皇族が語る天皇の日本史
5115AAXYJJL.jpg51Auk0Qiks.jpg51Bqbhacub.jpg
近代~現代と言っておきながら3冊目はいきなり
神話の時代からスタートの「天皇の日本史」です
日本の歴史の軸には常に天皇があり
そこを押さえておけば色んな事が繋がり広がります
2018年読書は3/5での借金スタートとなりました
今年も60冊は厳しいそうな予感です



2月は石田梅岩と梅田雲浜の両輪を回し始めたいと考え
ブックオフオンラインをポッチとしました


          丸三社長





2018年感想文「二番槍」

2018年の読書感想文
「二番槍」はアオキさんオオニシさん!!

IMG_1923.jpg
先日オオニシさんの一番槍から二番槍のへの変更がありましたが
実は同じ1月3日がもう一人いましたそれはアオキさんです
という事で2018年二番槍はアオキさんとオオニシさん
感想文の中でアオキ家の書き初め文化をしりました
一年の目標を漢字一文字にし書き初めに思いを込めるそうです
これ家でも真似したいなと思える憧れの文化です


       丸三社長

2018年感想文「一番槍」

2018年の読書感想文
「一番槍」はモリモトさん!!

IMG_1918.jpg
感想文が机に届くタイムラグで2018一番槍は
当初オオニシさんかと思われていましたが頭差で
モリモトさんが一着ゴールインしている事が判明
栄えある2018年の一番槍はモリモトさんです
IMG_1809_20180112102655131.jpg
という事でオオニシさんは棒を一本追加して二番槍

またまたオオニシさんの言葉を引用
曰く「読書とは実践(習得)である」

チーム丸三のみなさん今年も良い本との出会いを


    丸三社長

年間読書60冊にむけて2017その最終回

年間読書60冊にむけて2017その最終回

12月は上海出張もあり中国当局を意識した本をチョイス
袁了凡という人物が明の時代に書いた
自分から運命を創造した事を記した陰騭録と
惜しくも亡くなられた伊與田さんの中庸に学ぶついて
これさえ持っていれば大丈夫と思える二冊です

2017年41冊目は安岡 正篤の 立命の書『陰騭録』を読む
42冊目は「中庸」に学ぶ 伊與田 覺
51hM7Tkd-mL.jpg41Zd7LJN7dL.jpg
中国で読むというだけでなんか染み込んでくる量が違います
2018年も出張の地に関連のある書籍を読みたいと思います

2017年最後の一冊となったのはスローガンのテーマともなった
43冊目 漫画 君たちはどう生きるか 吉野源三郎
61NVQjKu6fL.jpg
80年前に書かれた「君たちはどう生きるか」が
今求められているのはなぜでしょうか?
今から80年前は1938年(昭和13年)は世界大戦前夜という時代でした
なぜ戦争起こるのか無くならないのかは池上彰さんにお任せです
O&A池上彰なぜ戦争は終わらないのでしょうか?
その豊かに思える土地争いをなぜしなければならないのか
と考えるとそれはやはり貧困や貧富格差となるでしょう
私たちが生きるこれからが80年前と同じ歴史を辿らない事を祈ります


2018年の読書テーマは2017年に買って読んでいない積本を読む事です


       丸三社長

2018年感想文「一番槍」

2018年の読書感想文
「一番槍」はオオニシさん!!

IMG_1809_2018010409152105a.jpg
ここ数年の一番槍グランプリを独走中のオオニシさん
今年もやってくれる、そんな予感しかしません
内容も2018年の一番槍に相応しい
今年の目標とそれを達成して行く為の習慣について
曰く「読書とは実践(習得)である」

チーム丸三のみなさん今年も良い本との出会いを


    丸三社長

年間読書60冊にむけて2017その壱拾壱

年間読書60冊にむけて2017その壱拾壱

11月は天地人の最終加速もあり冊数を稼ぐ事に成功
また珍しい本に全菓厨の15周年誌があり先代達の歩みと
共に厳しい商いの道が書かれた指南書ともなっていました


2017年35冊目は童門冬二の小説中江藤樹㊦感想文のネタはコレです
36冊目はオオニシさんからレンタル花咲舞が黙ってない
37冊目は全菓厨の15周年誌「呼び声とことだま」
51ousDUzLWL.jpg51RmhmmYWoL.jpgIMG_0368_20171129151824976.jpg

38冊~40冊目は火坂雅志の天地人㊤㊥㊦
上杉謙信が教科書から消えるなんてとんでもない
むしろ直江兼続、上杉景勝などなどもっと追加を希望です
51sak6QuNGL.jpg513g3PuyE6.jpg51P_LTeRBx00_.jpg

2017年の読書もあと一か月となりました
前半は上海がありそこで冊数が稼げそうな予感です
当局に目を付けられないような本のチョイスを計画中です


        丸三社長


11月感想文「一番槍」

11月感想文 「一番槍」
オオニシさんです!!

IMG_0220.jpg
そして9月感想文 「一番槍」が抜かっていたので
追加でご紹介9月1日オオニシさんです!!
IMG_0221.jpg
2017年最後の感想文月も1日に書き上げてきました
毎月1日書上げがあたり前になったオオニシさん
現状では誰の追随も許さない独走状態です
当然ながら2017一番槍グランプリの結果も!?
オオニシさん 5P
オオイさん  1P という事で
2017一番槍チャンピオンはオオニシさんの頭上に輝きました
商品は丸三文庫で誰にも読まれていない置き本である
マズローの完全なる経営をプレゼントいたします
2018一番槍グランプリはどうなるでしょう


    丸三社長

年間読書60冊にむけて2017その壱拾

年間読書60冊にむけて2017その壱拾

2017年30冊目は津本 陽の下天は夢か 四←このシリーズが苦読でした
今年の冊数が伸びない理由の一つがこの天下は夢かです、やっと終わりました
31冊目はホリエモンの99%の会社はいらない
ちなみに丸三のような問屋業は60年前にいらないと世間では言われていました
51JetZ91zO.jpg51l_KSnDsA.jpg



32冊目は半藤一利の太平洋戦争日本軍艦戦記、老人の艦コレです
33冊目は論語からの道で童門 冬二の中江藤樹〈上〉
34冊目は13冊目に突入日記用の白い本
51nFTM8JYc.jpg51GLyzFsTpL.jpg31U3ERTf2iL_201710301019026c0.jpg
日記メモなどに活用する白い本の使用前使用後が↓↓
IMG_0149_20171030103327963.jpg
約250日で一冊の本が倍近くに膨らみます
ここにメモ的なものから気づき、反省など様々な事が詰め込まれています
13冊目7年以上もこんなことが続くとは自分でも驚きです


      丸三社長



カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
プロフィール

チーム丸三

Author:チーム丸三
FC2ブログへようこそ!

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード